長岡京病院 トップページ > 訪問看護ステーション「ふれあい」

訪問看護ステーション「ふれあい」

事務室
「家族と一緒のまま老後を過ごしたい」
「在宅で療養したい」
「介護する家族の負担を少しでも減らしたい」

寝たきりや慢性疾患のある方、医療機器をつけたまま退院される方、難病・重度障害の方などを介護するご家族にとって在宅での療養は不安が付きまとうもの。
そんなご家族のため、そしてなにより要介護者様のために、看護の専門的な知識と技術をもった看護師が、かかりつけ医との連携の下、要介護者様の家庭を訪問し、看護いたします。そしてより良いくらしのために少しでもお役に立てるよう皆様の療養生活をサポートします。

訪問看護ステーションには理学療法士がいますので医療上必要な方は生活動作の軽い運動療法を行い、筋力低下予防、機能の維持・促進を指導します。
また、日常生活上の生活リハビリも指導・実践し、介護者の方もできるだけ介護しやすくなるよう、方向づけを指導いたします。

◇秘密厳守
私たちは専門家です。個人のプライバシーは必ず守りますので、安心してお気軽にご相談ください。

申込み・問合せ先 医療法人 総心会 訪問看護ステーション「ふれあい」
〒617-0826 長岡京市開田3丁目7-14 ブランシャトービル201
TEL: 075-955-1221 (直通)/075-955-1151 (代表)
FAX: 075-955-1224
営業時間 月曜日~金曜日 午前 9:00~午後 5:00
土曜日 午前 9:00~午後 12:30
※日曜・祝祭日・年末・年始を除きます。
施設基準 重症者管理加算・24時間連絡体制加算
特別管理加算・緊急時訪問看護加算・ターミナルケア加算
職員体制 看護師:常勤5名 非常勤2名
理学療法士:常勤1名(兼務)・非常勤1名
運営方針 ●看護師、理学療法士等が自宅を訪問して療養上の世話や必要な診療の補助を行います。
●対象者は、病状が安定期にあり訪問看護が必要と主治医が認めた要介護者です。
●サービスは、主治医との密接な連携と訪問看護計画に基づき、利用者の心身の特性を踏まえて、生活の質の確保を重視し、健康を推進し、快適な在宅療養生活が継続できるように支援することを目的とします。
●訪問看護事業の実施にあたっては、関係市町村・地区医師会をはじめ地域の保険・医療・福祉サービスとの密接な連携に努め、協力と理解のもとに適切な運営を図るものです。
訪問看護の内容 ●病状観察
●身体の保清
●褥瘡の処置(床ずれの予防や処置を行います)
●安楽な体位の工夫
●医療的に必要なチューブ類の管理、カテーテルの管理
●リハビリテーション
●食事や排泄の介助
●本人、家族への療養・介護指導や助言
●認知症状や終末期の看護
●入退院時・入所時に必要な情報交換、連絡調整
●医療機関との連携・協力による相談対応
●福祉サービスの相談・紹介。福祉機器類についての助言
●その他、主治医の指示に基づくもの